Morikawa Laboratory

ホワイトスペースLTE

ホワイトスペースLTE image 通信需要の高い地域で,LTE をホワイトスペース帯域において用いるホワイトスペースLTE(WS-LTE) 方式を検討している.LTE 方式をホワイトスペースにおいても用いることで,商用LTE 帯域とのハンドオーバやアグリゲートが可能になるなど,既存インフラと親和性のある無線通信を実現できる.限られたホワイトスペースを有効に使用するためには,データベースに基づいて最適な使用周波数を選択することに加え,WS-LTE の通信設定を適切に設定・更新する必要がある.これに向けて,局所的に異なるユーザの通信需要に応じ,WS-LTE 方式における複信方式( 周波数分割多重(FDD) と時間分割多重(TDD)) を切り替えたり,TDD方式の上りリンクと下りリンクの時間比率設定を動的に切り替えるといった手法の開発を進めている.

PageTop