Morikawa Laboratory

ユビキタスヘルスモニタリング

ユビキタスヘルスモニタリング image 高齢化の進展や人々の健康志向の高まりを背景に,いつでもどこでも健康状態を把握可能なユビキタスヘルスモニタリングが求められている.健常者の健康管理に加えて,慢性疾患患者の継続的な健康状態の把握や高齢者のリハビリテーションを効果的に行うためには,血圧・心拍数といった生体情報の連続的な測定が重要となる.そこで本研究では,自由行動下で生体情報を連続的に測定するヘルスモニタリングシステムの実現を目指している.具体的には,ヘルスモニタリングに求められる血圧データなどの時刻順データ系列「ストリームデータ」を効率的に蓄積する機能や,自由行動中の行動履歴をストリームデータと関連づけて利用可能とする機能を具備したストリームデータベースの実装を行っている.現在,東大病院での実証実験を進めながら,時系列データベースに課せられる要件の精緻化を行うとともに,データベースの利用実態を解析することでより効率的な問い合わせ処理機構の検討を進めている.

PageTop