Morikawa Laboratory

省電力ジオフェンシング

省電力ジオフェンシング image 地図上に設定した監視対象スポットをユーザが越えたことを検知し,予め決められた処理を自動的に実行することで,場所に応じた情報やサービスが提供できる. このようなジオフェンシング技術は,広告配信の最適化,子供の見守り,機器の自動制御などへの多様な応用が期待されている.ジオフェンシング技術の実用化にあたっては,監視対象スポットへの入圏検出率を維持しつつ,端末の消費電力を削減することが必要となる.本研究では,センサの種類により,認識できるユーザの状況および消費電力が異なる点に着目し,ユーザの移動状況に応じて各種センサのON/OFF制御をスケジューリングするシステムを提案している.現在,シミュレーションおよび実機への実装により,提案システムの評価を進めている.

PageTop