Morikawa Laboratory

Research / 2013年度

M2M

社会のすみずみに渡る膨大なセンサなどから知的にデータを収集し解析することで,環境,都市,農業,資源,流通,医療などの産業に寄与する新しい情報社会を実現することができる.このような観点から,あらゆるセンサからのデータを収集・蓄積・共有・解析する「ビッグデータ/ M2M プラットフォーム」実現のための研究課題を明らかにすることを最終ゴールとし,実際にアプリケーション開発を行いながら研究開発を進めている. →詳細

Sensor

都市・環境・農業・医療などへの情報通信技術の利活用に向けては,「実世界情報」が鍵となる.センサグループでは,実世界情報の時代におけるコア技術の明確化に向け,ネットワーク技術,無線通信技術,センシング技術,信号処理技術について,応用を強く意識しつつ研究を進めている. →詳細

Wireless

→詳細

ビッグデータや M2M(Machine-to-Machine) への期待が高まりつつある中,無線通信は新たな局面を迎えている.ワイヤレスグループでは,無線通信の新しい応用分野の創出を目指すと同時に,電波政策などといった俯瞰的な視点からも研究を進めている.

Policy

情報通信技術(ICT)は携帯電話やインターネットなどを通じて個人の生活に深く浸透するとともに,利用分野は交通,金融,製造など多岐にわたり,今日の社会・経済活動において不可欠な技術となっている.→詳細